.

どこにでもあるビギナー向けの外為の本では、「差損が生じた場合はナンピン買いをすることで、ポジションの平均を買い付け価格を小さくする事が出来る」などと述べられていますが正直に言うとナンピン買いには引っ掛けがあります。仕事 辞めたい アフィリエイト

最初に、ナンピン買いの方法について易しく説明します。

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。

$買いなのでドル高になるほど利益を得られますが不幸にして95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。

そのままポジションを保持し続けたら損失が戻るためには損失分、円安ドル高に動かなければなりません。

損は早めにリカバリしたいと考えるでしょう。

このためはじめに買ったのと同じだけの$を、95円でエントリーします。

すると、平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで下げることができます結果として、2円50銭の幅で円安ドル高に進めば損を取り戻す事が出来ます。

それが、ナンピン買いの理屈です。

ナンピンの方法をみると「まちがいない」と考えたりするが相場は容易には問屋を卸してくれない。

初めから、1ドル=95円以下にならないとは誰も予想できません。

たとえば、相場が円高地合だとすると95円では収まらずより円高ドル安が加速するリスクが高くなります。

一例として、1ドル=97.50円でナンピンをするとしても、1ドル=95円まで円高ドル安が進んだらナンピンをしたポジションも、為替差損が生まれてしまいます。

これでは、初めに持ったポジションと同時にダブルで差損を被ることになる。

それほど、ナンピンは一筋縄でいきません。

それならば、相場があなたの台本とは別の方向に素早く進む場合、どんな対応で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

この場面では取れる方法は2つ。

ひとつはあきらめてポジションを閉じる事です。

ふたつめは、その時に、保持している買いポジションを縮小することによって、再び相場が元のようになるのを動かないで待つことだ。

だいぶ大人しいやり方だと思う人もいるkもしれません。

だがしかし、所有しているポジションに為替差損が生じた時効果のある手法はこの2つ以外には考えられない。

無論、理論としてはナンピン買いという考え方もありえます。

けれどもナンピン買いは、自身がマイナスになっているにもかかわらず、ポジションを無くすどころか、逆にポジションを積んでいく対策です。

この対策では、危険を制御することなどどうやってもできないと考えるべきです。

ナンピン買いを続ければいずれは勝てるかもしれません。

でも、そうなる前に投資資金はマイナスになってしまいます。